スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下総中山の地域猫

久しぶりのブログの更新です。
猫ブログを開店休業状態に放置したままで、雑多な日常を綴るブログ「こうき心」で
しばらく遊んでいました。
先日、妻のchatoと一緒に下総中山の中山法華経寺に行って、地域猫に会って来ました。

その時のブログを 書いたので、リンクを貼っておきます。良かったら、覗いてみて下さい。

こちらをクリック。
下総中山の地域猫
スポンサーサイト

北京旅行その2

北京旅行の2日目です。
万里の長城と明の十三稜を巡るオプショナルツアーを利用しました。

万里の長城は、北京市内から車で1時間30分くらいで着きます。
高速道路が整備されたので、時間距離が短くなったそうです。

dsc_0060_20100817222135.jpg 

ここも人、人、人でいっぱいです。
団体のバスで来ている中国人がほとんどです。 バスを停められる駐車場は限られるので、
多くの人は万里の長城の入口より3kmくらい下の駐車場にバスを停めて、
そこから道路を歩いて登っていました。

dsc_0075.jpg 

長城はこんな感じです。ここの長城は明の時代に作られたもので、最も保存がいいものだそうです。
壁のレンガのほとんどには、観光客が自分の名前を刻み込んでいました。
世界遺産に登録される前に刻み込まれたものなのだと思います。
上の写真で後ろ姿の青年は高校生の長男です。

往復で1時間弱歩きましたが、戻って来た時には入口周辺は更に人が増えていて、
狭い通路がボトルネックになって、往復の人たちがお互いに進めなくなってしまい、
中国人どおしが怒鳴りあっていました。
もちろん何を怒鳴っているかは、ちんぷんかんぷん。
週末はいつもこうなのでしょうから、この辺りの交通整理をしても良さそうなもの。
日本ではちょっと考えられない光景でした。
ちなみに中国人には譲り合いの精神は全くありません。
人を押し退けて我先に進もうとします。

dsc04993.jpg 

昼食は、長城の観光客専用のようなレストランで、中華料理を頂きました。
いろいろな料理が少しずつ出て、楽しめました。

dsc_0076.jpg 

午後は、「明の十三稜」のうちの”定稜”という地下宮殿、”神道”という参道の2ケ所に寄りました。
「明の十三稜」は、明の時代の皇帝とその皇后のお墓が集まっている地域です。
上の写真は、定稜の入口周辺。日傘をさしているのはchatoです。

この後で地下に降りて、お墓を見学しました。
dsc_0081.jpg

この写真は、皇帝の棺が置いてあった場所なんですが、
観光客がお札をお賽銭のように放り込んでいます。
中国では硬貨より紙幣の方が一般的なので紙幣ばかりです。
写真を見てわかるように、お札はぐちゃぐちゃに握りつぶされたものも多くあります。
店で買い物しても、おつりを寄こす時に、あまりに雑なお金の扱い方にびっくりします。
中国では、お金を大切に扱わないところがあるようです。

dsc04998.jpg

北京市内に戻って、茶葉店に立ち寄り、お茶の入れ方を実演してくれました。
結局のところ、お茶を買ってもらうためのプロモーションです。
ここまでされると買わない訳にいかないので、烏龍茶、人参烏龍茶、プーアール茶を買いました。

オプショナルツアー終了後は、王府井(ワンフージン)という
日本で言うと銀座のような場所で買い物と食事をしました。
大きな百貨店がたくさんあるところで、ファッションの中心です。
同時にB級グルメの屋台街もいくつかあり、奥の深さを感じさせてくれます。

dsc05003.jpg 
屋台街の名物はコレ。
わかりますか?サソリやヒトデが串に刺されています。
このサソリはまだ生きていて、時々足を動かしています。コワー!
他にも、コオロギやサナギのような生き物が串焼きになっています。

高校生の息子がサソリに挑戦するというので、買いました。

dsc05009_20100817231553.jpg    

中国人でもあまり食べないもののようです。味の方は、まあまあだったみたい?

王府井ではおみやげなど買い物もしました。
dsc05016.jpg 
中国と言えば、これ、偽ドラエモンのボールペンです。
息子が友達から是非、偽ドラエモンのグッズを買って来てと頼まれたそうです。
かつてに比べれば、こういう商品は減ったようです。
このボールペンは貴重なもの。他に顔の長いミッキーマウス、変顔のウルトラマンもありました。

☆ ☆ ☆

中国を初めて訪問しましたが、高度経済成長、オリンピック、万博で急速に都会化したことは驚きでした。
とにかく人がたくさんで、数は力だと実感。そしてみんな元気で声が大きい。
かつての日本もこういう時代があったんだと思います。
日本に近づきつつありますが、やっぱりまだ成長過程にあるんだなと思ったのは
次のようなことです。
          ・車が汚いです。黒い車が日本より多いんだけど洗車する習慣がないようです。
          ・ゴミを平気で捨てます。天安門広場も故宮博物院もゴミが散らかっていました。
          ・ゴミの分別はしていません。ペットボトルの回収もしていないようです。
          ・ペットボトルのお茶が甘いです。さっぱり系の飲み物より甘い飲み物に価値があります。
          ・旅行の中心はバスによる団体ツアーです。
          ・男性の髪の毛が短いです。長髪を許さない家庭が多いそうです。

dsc04921.jpg

こうして無事帰宅して、猫たちにご対面。
留守中のキャットフードを入れていたダンボール箱の上で、
何やら自己主張をするシルク。

嫉妬心かな?甘えているのかな?

(シルク) 「おみやげは?」

北京旅行

夏期休暇と勤続??周年記念(歳がわかるので年数は伏せておきます)のリフレシュ休暇を兼ねて、
中国は北京に行って来ました。

猫たちはいつものように、ちばコープの「おたがいさま」のサービスを利用して、
ここ数年お願いしている方に1日2度の餌やりを頼みました。

☆ ☆ ☆

dsc_0017.jpg 
まずは故宮博物院の見学です。chatoとにゃんちゅうのバックの建物は、太和殿です。
ここは明・清の時代に中国の皇帝の居城だった「紫禁城」でした。
映画「ラストエンペラー」の撮影で使われた場所でもあります。

とにかく人、人、人で大混雑です。
それも中国人観光客がほとんどです。
欧米人は時々見ますが、日本人には出会いません。
もちろん見た目は日本人と中国人は違いがあまりないのですが、
話している言葉や団体さんのバッジなどでわかります。
13億の人口で、経済成長で旅行を楽しむ裕福な人たちが増えてきた訳で、
北京を訪れたことのない中国人はまだまだたくさんいる訳です。

おまけにご覧のように快晴なので、暑い、暑い!!
でも中国の暑さは7月で盛りを過ぎていて、
日本の猛暑ほどでは、ありません。
 

dsc_0030.jpg 

そして天安門です。
毛沢東の肖像をバックに中学生の息子をパチリ。
天安門の中に入って、毛沢東が建国を宣言した場所から天安門広場を眺められます。
天安門の中では政府公認の毛沢東などのグッズが売店で販売されていました。

昼食は、天安門広場のすぐそばの前門というレトロな街の「都一処」(ドウイーチュ)という
シュウマイで有名な店。少し行列ができていたけど10分ほどで入れました。

dsc04947.jpg 

ここのしゅうまいは、上が花ビラのような形になっていて、見た目はイソギンチャクです。
英語もあまり通じない店なので、メニューの写真を指差して注文しました。
肉汁が詰まっていて、おいしかったです。


午後は地下鉄に乗って、北京郊外にある頤和園(いわえん)に行きました。
北京市内は地下鉄が発達していて、移動に便利です。
朝夕の道路の渋滞は有名ですからね。

dsc_0057_20100817180432.jpg 

頤和園(いわえん)の仏香閣という高い建物に登って、
昆明湖を眺めると、すばらしい景色です。
ここは、清の西太后が巨費を投じて作った別荘のような場所で、
日々贅沢な生活をして過ごしていたそうです。
この昆明湖という湖も人工のものです。

頤和園も中国人でいっぱいです。北京市民の憩いの場所でもあるようで、
団体旅行客以外に少グループの若者や家族も多いようです。

1日中暑い中を歩いてヘトヘトになったところで、
夕食は北京ダックです。
全聚得(ぜんしゅうとく)という老舗の北京ダックのコース料理を
オプショナルツアーで頼みました。
日本にも支店がある有名店ですね。

dsc04956.jpg

テーブル席の前で、まるごと1羽のアヒルの丸焼きを包丁でさばいてくれます。

dsc04955.jpg 
他にアヒルの水かきの前菜、アヒルの心臓を焼いた料理(上の写真)、アヒルスープなど
アヒルづくしで大満足でした。この心臓の料理は、コリコリした食感で、塩味が効いて美味でした。

今回は1日目だけのご紹介。
次回に万里の長城などのご紹介をしますね。

dsc04197.jpg 

(チョビ) 「アヒルの丸焼きだなんて、贅沢にゃ!ぼくたちにも食べさせて欲しいにゃ。」

怒っているだろう猫たちのことを思い出しながら、北京の夜を過ごしました。

でもチョビの体型が北京ダックに見えて来た。

熱帯魚

実は先日、クマノミなど海水魚を飼っている水槽でトラブルが起きてしまいました。
なんと、水温が異常に上昇して、息子が言うには40度くらいになってしまったのです。
にゃんちゅうが会社に行っている時の事件で、息子からのメールで知りましたが、
その時には既に熱帯魚たちはお陀仏だったようで、手遅れでした。
原因は不明ですが、ヒーターが誤動作をしたとしか思えません。

熱帯魚たちには申し訳ないことをしてしまいました。
アーメン・・・

☆ ☆ ☆

気を取り直して、水槽をきれいに掃除して、
これまで60cm水槽で飼っていたディスカス(淡水魚)をトラブルのあった30cm水槽に引越し、
60cm水槽を海水魚用にリニューアルすることにしました。

☆ ☆ ☆

海水を作って1週間馴らして、この週末にいよいよ熱帯魚を購入しました。

dsc04766.jpg 

これがリニューアルした60cm水槽です。

砂はサンゴの死骸で、粒の大きさを3種類組み合わせて、
熱帯の砂浜のイメージにしました。

熱帯魚は、カクレクマノミ、尾が黄色のルリスズメダイです。
それぞれ5匹ずつで10匹。60cm水槽だと、ちょっと少なく寂しいけど、
少しずつ増やしていく予定。

dsc_0026.jpg 

ルリスズメダイは鮮やかなブルー。尾が黄色い種類です。
この写真だと、尾がオレンジに見えますが、実際はもっと黄色です。
(写真に撮ると、本当の色がなかなか再現できない・・・)

dsc_0015.jpg

カクレクマノミ。愛嬌のある顔をしています。

dsc_0057.jpg 

そして30cm水槽に引っ越したのが、ディスカス。
今は2匹だけです。大きい方は13cmはあります。

dsc04701.jpg 

涼しげな熱帯魚の水槽に比べて、暑苦しいのは猫たち。
連日の猛暑で、へたっています。




人気ブログランキングへ

水槽に飛び込みたそうなチョビに

 ぽちっと 押してくださいね

   にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 

猫ねこ展覧会2010

千葉県匝瑳(そうさ)市にある松山庭園美術館で「猫ねこ展覧会2010」が開催されています。

4月23日(金)~6月27日(日)までなので、もうすぐで終わりです。

妻のchatoと一緒に週末に出掛けてみました。

dsc04544.jpg 

これが展覧会のポスターです。

「猫ねこ展覧会2010」は、猫をテーマにした絵画や工芸品を集めたもので

展示すると共に、希望者には販売もしています。

販売品には、価格が表示されていました。

dsc04519.jpg

まずは、松山庭園美術館のご紹介。

千葉県の辺鄙な場所の、車1台しか通れない細い道を入り込んで行くと、

この小さな美術館は、ひっそりと存在しています。

まるで「千と千尋の神隠し」のような場所。

こんな苔むした日本庭園になっていて、石像が点々と配置されている

不思議な空間です。

dsc04525.jpg 

こんなオブジェもあります。

  

それでは、「猫ねこ展覧会2010」の作品をいくつかご紹介しましょう。

dsc04537.jpg 

あぁ~ん、大きなあくびの猫ちゃん。

dsc04528.jpg 

おっ!この後姿は、チョビにそっくり。

dsc04534.jpg 

今度は、ムートンか?

こんなに凛々しくないか・・・

dsc04536.jpg 

「たろう・じろう」という作品。

モデルの猫ちゃんの姿が眼に浮かびます。

dsc04541.jpg 

シルクがよくするポーズです。

どこの猫も一緒です。

dsc04543.jpg 

そしてこれがポスターになった絵画。結構大きいんですよ。

タイトルは「猫議長」。

なるほど会議の議長役の猫だったんだ。

宮沢賢治の童話に出てきそうな猫です。

猫ブログをやっていらっしゃる方の作品もあるみたいです。

「猫ねこ展覧会2010」で検索すると、そういうブログにヒットします。

dsc04540.jpg 

作品を見ていると、猫がやってきました。

人に馴れていて、床に寝そべって来ました。

そう、この美術館の敷地内には、猫が何匹も飼われていて、

自由に庭に出たり、館内に入って来たりしているんです。

dsc04546.jpg

庭に出てみると、茶トラの猫に遭遇。

人間を無視して通り過ぎて行きました。

dsc04557.jpg 

そして真っ白の猫がちょこんと座っています。

dsc04552.jpg 

向こうでおねえさんが餌を持って誘っています。

にゃ~、と鳴きながら、餌に惹かれて行く猫でした。

dsc04555.jpg 
むしゃ、むしゃ・・・

しっかりと餌の煮干しをたいらげてしまいました。



松山庭園美術館は金、土、日だけの開館ですので、お出掛けする人はお間違いなく。



人気ブログランキングへ

 松山庭園美術館の猫たちに

 ぽちっと 押してくださいね

   にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 

☆ ☆ ☆

コトママさんのブログで、

駅のエスカレーターで手を挟まれて怪我していた子猫を保護したとのことです。

a2206054.jpg

里親さん募集とのこと。 詳しくは写真をクリックしてください。

応援ポチをお願いします
プロフィール

MR.にゃんちゅう

Author:MR.にゃんちゅう
飼い主 : 
MR.にゃんちゅう と chato

『美人ママとメタボパパ+2ニャンズ』にようこそ!
アメショーの4匹家族と人間の4人家族で同居しています。

ネコの自己紹介
シルク」 2006年12月18日生まれの♀。アメリカン・ショートヘア。シルバータビー。 愛称 「シルクママ」「シルクちゃん」「シルさん」。趣味 バードウォッチング。 2008年4月26日に4つ子の赤ちゃんを産んでママになりました。美人ママです。 Yahoo!ペットのプロフィールへ
dsc_2154.jpg
チョビ」 2007年7月26日生まれの♂。アメリカン・ショートヘア。シルバータビー。 本名 「チョコびぃ」、愛称 「チョビパパ」「ウルク」「う~ちゃん」。趣味 熱帯魚観賞。 2008年4月26日に若いパパになりました。メタボ気味のパパです。 Yahoo!ペットのプロフィールへ
dsc_1480.jpg
ミトン」 2008年4月26日生まれの♀。アメリカン・ショートヘア。シルバータビー。 愛称 「ミトンちゃん」「お転婆ミトン」「ミトさん」「水戸の姫」。趣味 かくれんぼ。 父チョビと母シルクの4つ子の赤ちゃんとして誕生。シルク似です。小さな手袋って感じ。                 dsc00503.jpg
ムートン」 2008年4月26日生まれの♀。アメリカン・ショートヘアのはずが、なぜか長毛? 愛称 「ム-トンちゃん」「モジャ」「ム戸の姫」。趣味 おそうじ。 父チョビと母シルクの4つ子の赤ちゃんとして誕生。手並みが親と違います。顔はなんとなくチョビ似。 dsc00282.jpg
ミミ」 2008年4月26日生まれの♀。アメリカン・ショートヘア。シルバータビー。 父チョビと母シルクの4つ子の赤ちゃんとして誕生。今は里親さんにお譲りしましたが、ときどき、このブログにも登場します。我が家にいた時の幼名はミーナです。                   dsc_0489.jpg
リリー」 2008年4月26日生まれの♂。アメリカン・ショートヘア。シルバータビー。 父チョビと母シルクの4つ子の赤ちゃんとして誕生。今は里親さんにお譲りしましたが、ときどき、このブログにも登場します。我が家にいた時の幼名はムーミンです。                   dsc_0589.jpg
リンク
フリーエリア
  グリムスくん イーココロ クリック募金
最近の記事
最近のコメント
ネコ温度計
今の温度はどのくらいにゃ?
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。